矯正治療をする前に・・・

矯正治療って、どんなもの?

今さら聞けない矯正治療

今さら聞けない矯正治療

「見た目をキレイにする」というイメージの強い矯正治療ですが、実は矯正治療を行う意味はそれだけではありません。こちらでは、甲府市の歯医者「歯ならび・矯正歯科 GOOD SMILE」が、治療をはじめる前にぜひ知っておいていただきたい「矯正治療」についてご紹介します。歯並びについての悩みを抱えている方は、当院までお気軽にご相談ください。

歯並びが悪いことで起こること

「見た目が悪いのがコンプレックスで……」と、歯並びの矯正治療を考える方は多いと思います。実は、歯並びの悪さは見た目だけではなく、さまざまな面で全身に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。矯正治療を検討されている方はもちろん、現在の歯並びに満足していない方、美しい歯並びに憧れている方も、歯並びが悪いと、どんなことが起こるのか、そして、キレイに治すためにはどんな方法があるのかを知っておきましょう。

咬み合わせの重要性について

子どもの歯並びの最適なタイミングと矯正治療の事例

子どもの歯並びの最適なタイミングと矯正治療の事例

当院では、成人矯正だけではなく小児矯正にも力を入れています。子どものうちの矯正治療には、抜歯を防げる可能性があります。ただし、子どもの場合には最適なタイミング・治療方法を見極めることが特に重要になりますので、そのタイミングと実際の治療例について、ご説明いたします。

子どもが歯で困らないための3つのポイント

写真で見る、歯並びの治し方 

ほかの歯に負担をかけてしまう恐れがある八重歯は、放っておくと歯を失う原因になってしまうことがあります。こちらでは、そんな八重歯の矯正治療方法について紹介しております。

小児矯正と成人矯正

小児矯正と成人矯正

美しい歯並びや正しい咬み合わせの実現のために行う矯正治療は、子どものうちはもちろん、大人になってからでも十分に開始することができます。ただし、小児矯正と成人矯正では、ポイントが異なりますので、くわしくご紹介しておきます。

小児矯正

骨格の発育に合わせた治療が可能な子どものうちに矯正治療をはじめると、治療期間や治療効果の面においてメリットが多いと言われています。

小児矯正

ただし、症例によっては幼少期からの治療が最適とは言えない場合もあるため、治療開始のタイミングをよく見極める必要があります。そのために、幼少のうちから歯科医での検査をきちんと受けておくことが大切です。

成人矯正

成人の場合はすでに成長発育が止まっているため、顎の大きさや形が大きく変化することはありません。そのため、矯正治療では歯を正しい位置へと動かしていきます。このとき、顎が小さすぎる、歯列が前に出すぎているといった状態なら、抜歯も検討する必要があります。

成人矯正

成人矯正では矯正装置を装着して日常生活を送ることに不安を感じる方も多いようですが、比較的目立たない矯正装置もございますので、まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正はこちら

歯で困らないための3つのポイント

歯で困らないための3つのポイント

ここでは、生涯歯のことで困ることのない生活を送るために整えておくべきポイントを、「乳歯・永久歯・その後」の3つのタイミングでご紹介します。すでにポイントの中で紹介されている状態になってしまわれた方は、すぐにでも歯科医師にご相談ください。

1:乳歯―虫歯のないキレイな歯

1:乳歯―虫歯のないキレイな歯

乳歯の時期から虫歯予防を徹底し、永久歯が生える時に虫歯が残っていない状態が最も望ましいことです。これは、もし虫歯を放っておいた場合、永久歯の生える場所がなくなる、歯並びに悪影響を与える、他の歯に虫歯がうつるなどの危険があるためです。

2:永久歯―整えられたキレイな歯並び

2:永久歯―整えられたキレイな歯並び

日本では約5%の子どもたちが、10代のうちに矯正治療を受けると言われています。これがアメリカでは約40%と、歯並びが悪いと判断された子どものほとんどが受けています。歯並びが悪いままで大人になると、中年以降歯周病を中心に、口腔内環境が悪化するリスクが高くなります。

3:その後―メインテナンスでキレイな歯茎

3:その後―メインテナンスでキレイな歯茎

日本人の、定期的なメインテナンスを受ける割合は約2%ですが、年収約200万円以上のアメリカ人の場合、80%以上が半年に1度はメインテナンスを受けています。歯医者は「悪くなったら行くところ」ではなく、「悪くならないために行くところ」という認識が大切になります。

アメリカでは、基本的に医療に関するものは高額です。それでもこれだけの歯科意識の高さが見て取れるのに対し、保険診療によって安く治療を受けられる日本の現状は、目を疑うものがあります。小さい頃から歯医者に通う癖をつけ、健康な口腔内環境を整え、維持することが大切です。

矯正治療、歯を抜く場合・抜かない場合のメリットと注意点
抜く場合 抜かない場合
メリット
  • 大規模な歯の移動が可能
  • 後戻りが少ない
  • 横顔の審美性を整えやすい
メリット
  • 正面の審美性を整えやすい
状況(ケース) 複雑な乱ぐい歯・歯が混みあっている場合など 状況(ケース) スライス矯正など
歯を大きく動かすような矯正治療では、抜歯矯正を選択するケースが多くなっています。さまざまな症例に対応でき、治療後の後戻りも比較的少ないことが大きなメリットです。また、出っ歯の調整にも適していて横顔のライン調整にも役立ちます。 何よりも抜歯による痛みやダメージがないという点が大きなメリットです。歯の移動距離も少なくて済むので治療期間も短いのが特徴。さらに、歯を削って小さくする方法も用いられるため、前歯が大きいことを気にしている人にも適した治療方法です。

矯正歯科治療中に起こりうるリスクと副作用について

矯正歯科治療を進めていくためには、患者様によるご協力と治療に関する知識が大切です。また、矯正歯科治療には、以下にあげられるリスクや副作用が生じる可能性があります。

(1)歯の痛みについて

新しいマウスピース装着から数日間(特に食事の際)歯の痛みを感じることがありますが歯が動く際の正常な反応なので心配ありません。
通常、痛みは時間経過と共に消失していきます。長期間に及ぶ場合はお申し出下さい。

(2)むし歯・歯周病について

治療期間中は出来るだけ間食を避けて食後の歯磨きを忘れずに行って下さい。
プラークを取り除き口腔衛生を心掛けて、大切な歯を失う原因を作らないように心掛けましょう。
治療中に虫歯や歯周病が見つかった場合は、一般歯科にて治療していただくことがあります。

(3)歯肉退縮・ブラックトライアングルについて

特に歯周病や何らかの原因で歯肉が下がっている方は、歯を動かすことでさらに歯肉が下がり歯根が露出することがあります。
また、歯の形にもよりますが、重なっていた歯がきれいに並んでくると歯と歯の間に三角形の隙間(ブラックトライアングル)ができることがあります。
これは歯肉が下がったように見えますが、実際は正常な歯並びなので問題ありません。

(4)発音障害について

まれにサ行・タ行・ラ行が話しづらくなります。期間は様々ですが、時間経過とともに慣れますのでご安心下さい。

(5)歯根吸収について

治療中に稀に歯根が短くなることがありますが、適正な力を歯に加えるように努めることで最小限に抑えることができます。
ただし、口腔衛生が充分に行われずに歯周病を引き起こした時には歯の寿命に影響することがあります。

(6)歯髄炎について

歯の移動中、様々な原因により歯の神経がしみるように痛むことがあります。
通常数日で治まりますが長期に渡る場合はご相談ください。
状態によってはごくまれに歯が失活し、変色することがありますので気になる方はお申し出ください。

(7)抜歯について

当院では可能な限り非抜歯での治療を行っております。しかし歯と顎の骨の大きさの差が大きすぎる場合は、抜歯による治療を選択することもあります。その場合は処置歯や問題のある歯を抜歯するように考慮いたしますが、やむを得ず健全歯を抜歯することもあります。
また治療に支障をきたす場合、まだ萠出していない「親知らず」を抜歯すること事があります。抜歯は一般歯科で行なっていただきます。

(8)治療の限界について

まれに歯と骨が癒着していることがあります。そのような場合は、専門医で歯と骨を引き剥がす処置をしていただく場合があります。
骨格の不調和や歯の大きさの違いから、顔のゆがみを治したり、完璧な咬み合わせを作る事ができない場合があります。

(9)治療期間について

歯の動く速さには個人差があるため、治療期間が予定より延長されることがあります。また、治療期間は患者様の協力度によっても変わってきます。

(10)後戻りについて

矯正によって歯を動かした後、歯は元の位置に戻ろうとする傾向があります。
そのため、動的治療終了後にリテーナー(保定装置)で後戻りを最小限に抑えます。リテーナーはキレイな歯並びを保つためにとても重要です。
保定装置を使用しても顎の成長異常、舌や口唇の癖、口呼吸や歯ぎしりなどにより後戻りが生じることがあります。

当院のアクセス・監修医院情報