部分矯正と外科的矯正(保険矯正)

部分矯正や外科的矯正の特徴とは?

部分矯正や外科的矯正の特徴とは?

たとえば、口を開けて笑ったときや話すときに前歯の歯並びが気になる方、上顎(または下顎)だけの矯正をご希望の方、短期間で費用を抑えて矯正治療を行いたい方などが、比較的よく部分矯正治療を選択されています。こちらでは甲府市の歯医者「歯ならび・矯正歯科 GOOD SMILE」が、部分矯正と外科的矯正についてお伝えします。

部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)

当院では、患者様の口腔内の健康を第一に考えた部分矯正を実施しています。難しいとされている裏側ワイヤー装置を使用した矯正(裏側矯正・舌側矯正)にも対応。痛みや麻酔に不安がある患者様には代替療法のご紹介も可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

治療期間やご予算については、初診相談(無料)の際にお聞きいたします。抜歯を行わない矯正治療を希望される方はご相談ください。歯を抜かずに矯正治療を行う可能性を探ります。

部分矯正のメリット・デメリット
部分矯正のメリット 部分矯正のデメリット
  • 費用や治療期間、治療中のケアの面で、患者様のご負担を大きく軽減できる。
  • 治療内容によっては、負担の比較的軽い治療で、見た目の印象を大きく変えることも可能。
  • 全顎矯正の技術を部分的なものに置き換えた部分矯正では、全顎矯正で得られるような「咬み合わせ」の改善は実現できない場合がある。
  • 不正の状態が強い場合には、部分矯正が向かないこともある。
  • 細かいコントロールの部分では、全顎矯正に劣る場合もある。

外科的矯正(保険矯正)

外科的矯正(保険矯正)

「顎変形症」と診断された場合には、健康保険の適応を受けて矯正治療を行うことができます。「顎変形症」と診断されるのは、骨格的な反対咬合(受け口)や上顎前突、顔に歪みがあるといった場合で、こういったケースでは、歯を移動させるだけの矯正治療で適切な咬合や審美を得ることができません。そこで、外科手術も併せた矯正治療を行い、これを外科的矯正(保険矯正)と呼んでいます。

外科的手術を伴うため、通常は骨格的な発育が終了してから、治療をはじめます。また、保険治療が行えるのは厚生労働省より「指定自立支援医療機関」に認定された医療施設のみとなっています。