矯正治療をする前に・・・

矯正治療って、どんなもの?

今さら聞けない矯正治療

今さら聞けない矯正治療

「見た目をキレイにする」というイメージの強い矯正治療ですが、実は矯正治療を行う意味はそれだけではありません。こちらでは、甲府市の歯医者「歯ならび・矯正歯科 GOOD SMILE」が、治療をはじめる前にぜひ知っておいていただきたい「矯正治療」についてご紹介します。歯並びについての悩みを抱えている方は、当院までお気軽にご相談ください。

歯並びが悪いことで起こること

「見た目が悪いのがコンプレックスで……」と、歯並びの矯正治療を考える方は多いと思います。実は、歯並びの悪さは見た目だけではなく、さまざまな面で全身に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。矯正治療を検討されている方はもちろん、現在の歯並びに満足していない方、美しい歯並びに憧れている方も、歯並びが悪いと、どんなことが起こるのか、そして、キレイに治すためにはどんな方法があるのかを知っておきましょう。

咬み合わせの重要性について

子どもの歯並びの最適なタイミングと矯正治療の事例

子どもの歯並びの最適なタイミングと矯正治療の事例

当院では、成人矯正だけではなく小児矯正にも力を入れています。子どものうちの矯正治療には、抜歯を防げる可能性があります。ただし、子どもの場合には最適なタイミング・治療方法を見極めることが特に重要になりますので、そのタイミングと実際の治療例について、ご説明いたします。

子どもが歯で困らないための3つのポイント

写真で見る、歯並びの治し方 

ほかの歯に負担をかけてしまう恐れがある八重歯は、放っておくと歯を失う原因になってしまうことがあります。こちらでは、そんな八重歯の矯正治療方法について紹介しております。

小児矯正と成人矯正

小児矯正と成人矯正

美しい歯並びや正しい咬み合わせの実現のために行う矯正治療は、子どものうちはもちろん、大人になってからでも十分に開始することができます。ただし、小児矯正と成人矯正では、ポイントが異なりますので、くわしくご紹介しておきます。

小児矯正

骨格の発育に合わせた治療が可能な子どものうちに矯正治療をはじめると、治療期間や治療効果の面においてメリットが多いと言われています。

小児矯正

ただし、症例によっては幼少期からの治療が最適とは言えない場合もあるため、治療開始のタイミングをよく見極める必要があります。そのために、幼少のうちから歯科医での検査をきちんと受けておくことが大切です。

成人矯正

成人の場合はすでに成長発育が止まっているため、顎の大きさや形が大きく変化することはありません。そのため、矯正治療では歯を正しい位置へと動かしていきます。このとき、顎が小さすぎる、歯列が前に出すぎているといった状態なら、抜歯も検討する必要があります。

成人矯正

成人矯正では矯正装置を装着して日常生活を送ることに不安を感じる方も多いようですが、比較的目立たない矯正装置もございますので、まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正はこちら

歯で困らないための3つのポイント

歯で困らないための3つのポイント

ここでは、生涯歯のことで困ることのない生活を送るために整えておくべきポイントを、「乳歯・永久歯・その後」の3つのタイミングでご紹介します。すでにポイントの中で紹介されている状態になってしまわれた方は、すぐにでも歯科医師にご相談ください。

1:乳歯―虫歯のないキレイな歯

1:乳歯―虫歯のないキレイな歯

乳歯の時期から虫歯予防を徹底し、永久歯が生える時に虫歯が残っていない状態が最も望ましいことです。これは、もし虫歯を放っておいた場合、永久歯の生える場所がなくなる、歯並びに悪影響を与える、他の歯に虫歯がうつるなどの危険があるためです。

2:永久歯―整えられたキレイな歯並び

2:永久歯―整えられたキレイな歯並び

日本では約5%の子どもたちが、10代のうちに矯正治療を受けると言われています。これがアメリカでは約40%と、歯並びが悪いと判断された子どものほとんどが受けています。歯並びが悪いままで大人になると、中年以降歯周病を中心に、口腔内環境が悪化するリスクが高くなります。

3:その後―メインテナンスでキレイな歯茎

3:その後―メインテナンスでキレイな歯茎

日本人の、定期的なメインテナンスを受ける割合は約2%ですが、年収約200万円以上のアメリカ人の場合、80%以上が半年に1度はメインテナンスを受けています。歯医者は「悪くなったら行くところ」ではなく、「悪くならないために行くところ」という認識が大切になります。

アメリカでは、基本的に医療に関するものは高額です。それでもこれだけの歯科意識の高さが見て取れるのに対し、保険診療によって安く治療を受けられる日本の現状は、目を疑うものがあります。小さい頃から歯医者に通う癖をつけ、健康な口腔内環境を整え、維持することが大切です。

矯正治療、歯を抜く場合・抜かない場合のメリットと注意点
抜く場合 抜かない場合
メリット
  • 大規模な歯の移動が可能
  • 後戻りが少ない
  • 横顔の審美性を整えやすい
メリット
  • 治療期間の短縮が可能
  • 痛み・ダメージが少ない
  • 正面の審美性を整えやすい
状況(ケース) 複雑な乱ぐい歯・歯が混みあっている場合など 状況(ケース) スライス矯正など
歯を大きく動かすような矯正治療では、抜歯矯正を選択するケースが多くなっています。さまざまな症例に対応でき、治療後の後戻りも比較的少ないことが大きなメリットです。また、出っ歯の調整にも適していて横顔のライン調整にも役立ちます。 何よりも抜歯による痛みやダメージがないという点が大きなメリットです。歯の移動距離も少なくて済むので治療期間も短いのが特徴。さらに、歯を削って小さくする方法も用いられるため、前歯が大きいことを気にしている人にも適した治療方法です。

当院のアクセス・監修医院情報